糖尿病に効くサプリ

糖尿病に効くサプリ最新ランキング!

インスリンの分泌が衰え、血液中のブドウ糖濃度が高まることで高血糖状態となり、糖尿病を引き起こしてしまいます。さらに合併症の恐れもあります。

 

空腹時血糖値だと110〜126mg/dl、経口負荷検査だと140〜200mg/dlが糖尿病予備群の基準値。本格的な糖尿病へ移行してしまう前に、サプリで糖尿病対策をしてみませんか?

 

まずは当サイトで糖尿病に効くサプリの最新ランキングを参照してみてください。

糖尿病に効くサプリランキング

白井田七

98%田七人参の粉末のみで構成されているシンプルなサプリで、田七人参の栄養素をあますこと無く体に取り入れることができます。

 

体のめぐりを整えるサポニンや健康維持には大切な必須アミノ酸をしっかりと補給出来るので、血糖値や糖尿病が心配な人にも是非飲んでいただきたいサプリです。
100%オーガニックなので素材が気になる人でも安心して続けられ、リピーターが非常に多い人気商品です。

 

オススメしたい人 ・健康診断の数値があまり良くなかった

・血糖値が高かったり糖尿病が心配
・スッキリした元気な体でいたい

主な特徴 ・15日間の返金保証がついている

・100%オーガニックで体に優しく安心
・1粒で非常に多くの栄養素を補給出来る

成分 田七人参/有機玄米など
価格 毎月お届けコースの初回が3,980円
評価

 

 

前田の菊芋

糖尿病や血糖値に良い力を発揮することが認められているイヌリンを68%配合したサプリで、数値が気になる人にオススメです。

 

体に糖が吸収されるのを抑える力や町内の善玉菌に良いアプローチをしてくれるため、糖尿病だけでなく多くの健康の悩みにも良い影響をだします。
子供から大人まで飲める体に優しい安心成分と良質な原材料で構成されているので長く続けやすい優秀なサプリです。

 

オススメしたい人 ・食生活が乱れ気味で糖尿病が気になる

・血糖値が高めなのでなんとかしたいと思っている
・尿が泡立ったり回数が増えた気がする

主な特徴 ・定期便でも回数などの制限が無い

・大人も子供も安心して飲める成分で構成されている
・粒タイプと顆粒タイプから選べる

成分 食物繊維/ナトリウム/イヌリンなど
価格 初回限定おたけし価格が9,600円
評価

 

 

小林製薬 サラシア100

特許成分のネオコタラノールを配合した糖の吸収を緩やかにするサプリで、糖尿病や血糖値が高い人の健康リスクを下げる力が期待できます。

 

食事に合わせて1粒ずつ飲むだけなので非常に手軽に続けることができ、多くの人が新しい健康習慣として愛飲しています。
お酒や甘いものが好きだったり、普段の食生活で炭水化物が多い人にはぜひともオススメしたい商品です。

 

オススメしたい人 ・炭水化物や糖分が多いものが大好き

・糖尿病のリスクが気になっている
・血糖値が高いと指摘されてしまった

主な特徴 ・1回1粒なので負担なく続けられる

・定期コースは自分に合った物を選べる
・特許成分ネオコタラノールを配合

成分 サラシアキネンシスエキスなど
価格 初回のお届けが半額の2,268円
評価

 

 

糖尿病に効くサプリは4タイプ

糖の吸収を抑える

血糖値の上昇は、摂取した糖が体内で分解されてブドウ糖に変化し、体内で吸収されることで起こります。そのため、サプリメントを摂取することで、糖の吸収を鈍らせたり抑えたりし、血糖値が上がるのを抑えるサプリメントです。糖尿病に効くサプリの中では主流となっているタイプです。

 

 

 

また、糖が分解されてブドウ糖になること自体を防ぐタイプもあります。

体内環境を整える

糖の吸収を抑えたり燃焼させたりするのではなく、体内環境を整えることを目的とした糖尿病に効くサプリです。体内環境の改善により、インスリンが効果を発揮しやすい身体へと導き、間接的に糖尿病を改善します。

糖を燃焼させる

ブドウ糖となって糖が体内で吸収された後に、糖を燃焼させて消費し、血糖値の上昇を抑えるタイプのサプリです。近年発売されたもので、ALAという成分に着目して作られたものなどがあります。

血液をきれいにする

糖尿病は血糖値が高まった状態です。そのため、血液はドロドロの状態。このときに血液をサラサラにしたり、きれいにしたりする効果の期待できるサプリを摂取することで、糖尿病の改善を目指すのです。このサプリも間接的に糖尿病を改善するサプリといえるでしょう。

糖尿病に効くサプリの代表的な成分

クロム

クロムは、コレステロール値や血糖値、血圧を下げる働きに関わっている必須ミネラルです。体内で生じる様々な代謝に関係しており、特に血糖値の調整役であるインスリンの働きをサポートしています。

 

 

 

クロムは体内で吸収されてから、糖タンパクと結合します。その後、血液に混じって全身を巡り、様々な代謝に関わるのです。その中で糖尿病対策として着目されているのが、インスリンのサポートです。

 

 

 

インスリンは膵臓から分泌されるホルモンです。糖質は体内に入るとブドウ糖へと分解されて血液に吸収され、インスリンによって肝臓や筋肉など全身の細胞へと届きます。エネルギーとして使用されたり、グリコーゲンや脂肪細胞として蓄積していくのです。クロムはこのインスリンの働きを助ける材料となってサポートし、血糖値を下げる効果が期待できます。つまり、クロムの不足はインスリンの動きを鈍らせ、糖の代謝がうまく行われず血糖値が下がらないという状態を引き起こすのです。

 

 

 

クロムを摂取することで、インスリンの働きを正常化し、血糖値を下げることが期待できます。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、ミトコンドリアに存在し、エネルギーの多くを作り出す補酵素です。特にエネルギーが必要な肝臓や腎臓、心臓の筋肉などに多く存在するようです。また、抗酸化作用にも優れていることから、糖尿病に効く成分として配合されていることがあります。

 

 

 

ストレスなどによって体内に発生する活性酸素は、糖尿病や動脈硬化を引き起こすことがあります。コエンザイムQ10は、悪玉コレステロールが酸化するのを抑制する働きがあるため、過酸化脂質を抑制して生活習慣病を予防する効果が期待できるのです。

アルファリポ酸

リポ酸とも呼ばれることのある成分で、ビタミンに似た働きをするビタミン類似物質です。体内にある細胞のミトコンドリア内に存在しています。心臓を動かしたり、呼吸をしたりするために似つようなエネルギーを作り出すミトコンドリアが、エネルギーをスムーズに生成するために必要なのがアルファリポ酸なのです。

 

 

 

アルファリポ酸は、正常に働かなくなったインスリンの代わりに、糖がエネルギーとして使用されるよう助け、血糖値の上昇をコントロールして糖尿病を予防改善します。

 

 

 

さらに、糖尿病網膜症白内障といった、糖尿病の合併症を予防する効果も期待できるのです。

マグネシウム

マグネシウムは、300種類以上ある体内の酵素の働きをサポートするミネラルの一種です。酵素の働きを正常化したり、血液循環を正常に保ったりする働きがあります。

 

 

 

糖尿病の改善予防として着目されているのは、マグネシウムが動脈を緩ませて血圧を下げる働きです。また、細胞内のナトリウムやカルシウムの量を調節することで、血圧や血液の循環を正常に保つ効果が期待できます。

サプリを飲んで糖尿病が治るわけではない

糖尿病のサプリがおすすめな人

すでに糖尿病を発症していたり、糖尿病予備軍になったりしているために、通院している人は、薬を処方されたり、医師の指導により生活習慣を改善したりしているのではないでしょうか。そのため、サプリに頼る必要はないと思われます。

 

 

 

その一方で、血糖値やヘモグロビンA1cが高めだと健康診断でいわれた人や、健康診断で運動不足や食生活の改善を指導されたのに行っていない人、メタボ体型の自覚がある人などは、自分でしっかり対策を練る必要があります。このような人ほど、サプリを使いながら、血糖値を改善することで糖尿病を防げるのではないでしょうか。

補助食品として取り入れよう

血糖値に効くサプリは、薬ではありません。あくまでも健康補助食品なのです。そのため、飲んだからと言って必ず治るわけではありません。血糖値を下げるためには、食生活や生活習慣、運動不足を解消することが基本です。そのため、サプリを摂取して高血糖へのダメージを軽減しながら基本となる食生活の改善などを行うという意識で取り入れるとよいでしょう。

サプリを摂取する際に注意点

飲み合わせに要注意

特に糖尿病や糖尿病予備軍で通院し、薬を処方されている場合は、薬の効果を強くしたり弱くしたりする可能性がある飲み合わせがあるため、注意が必要です。

 

 

 

例えば、血液循環をよくするとして利用されることの多いイチョウ葉は、血糖効果作用を強めすぎる場合があります。また、活性酸素を抑制するコエンザイムQ10は、脂質の抗酸化作用によって糖尿病薬の作用が強まることがあるようです。

 

 

 

薬を処方されている場合には、まず医師と相談した上でサプリメントを選ぶことが大切です。サプリメントの量と種類をリストアップした上で医師に見せるとよいでしょう。

食事や運動と併用しよう

糖尿病の予防改善は、食事と運動、生活習慣の改善が大前提です。

 

 

 

食事は腹八分目を意識し、食べ過ぎを防ぎましょう。食事の際には血糖値が一時的に上昇し、膵臓からインスリンが分泌されます。食事の時間はいつも同じにし、食事と食事の間隔もしっかりとり、間食を控えることで、膵臓への負担を減らすことが可能です。

 

 

 

また、食物繊維を意識して摂取すると、小腸で糖が吸収されるのを遅らせることができるため、血糖値が急上昇するのを抑えることができます。反対に糖質となる炭水化物は控えるようにしましょう。

 

 

 

運動は有酸素運動がおすすめ。血中のブドウ糖をエネルギーとして消費し、血糖値を下げてくれます。運動の継続は、筋肉を充実させ、インスリンの感受性を上げることで血糖値が上がりにくい身体へと導くのです。

 

 

 

1日に15〜30分の有酸素運動を、週に3〜4日以上行うようにしましょう。食後1時間くらいに運動するのがおすすめです。

 

 

 

また、飲酒量の制限や、禁煙、十分な睡眠なども大切です。

まとめ

糖尿病になり悪化すると、透析に通ったり食事制限をしたりと、大変な日々が待っています。そうなってしまう前に、まずは糖尿病にならないよう予防することが大切です。日々の生活を見直し改善すると同時に、サプリメントの力を借りてより効率的に糖尿病予防を行ってみませんか。サプリメントによって、含まれている成分は様々です。成分によっては、糖尿病対策以外の効果が期待できるものもあるでしょう。自分の身体の状態に応じ、自分に合ったものを選んでみることをおすすめします。まずは続けてみましょう。